看護師求人-消化器外科の看護師として働く

消化器外科の看護師として働く場合、食道、肝臓、大腸、胃、膵臓、胆のう、胆道といった疾患を抱える患者さんと接していくことになります。主な仕事内容は、医師の介助で、取り扱うことが多い施術は食道がん、胃がん、胆道がんなどです。

手術の準備をするのはもちろん、患者さんの様子を観察して医師に報告をしたり、患者さんの要望に応えてサポートをしたりします。

手術の際には、開腹手術の他、腹腔鏡手術、NOTESといった専門的な治療に関する知識を学ぶこともできるため、スキルアップのために消化器外科に転職をする看護師もいるようです。どういった方針でどのような治療・手術を行うかというのは、各消化器外科によって大きな違いがあります。

得に違いが現れやすいのは胃がんの治療なのですが、消化器外科で働いたことがある人ならば他の消化器外科でも全く同じ知識が活かせるとは限りません。勤める消化器外科の治療方針に沿った業務を行っていくことになるので、常に勉強が必要となる職場とも言えます。

それから、消化器外科はチーム医療が必須となる職場でもあるため、看護師だけでなく、医師や他の部門とも上手に連携を取りながら業務にあたっていくことになります。具体的な治療方針について決めるのは医師ではありますが、その医師を支える看護師は、非常に大切な役割を持っています。

もちろん、患者さんやその家族もしっかりサポートしていかなければならないので、様々なところに目を向け、積極的に動ける人が向いている職場だと言えるでしょう。強力して仕事をしていかなければならないことを考えると、協調性がないと厳しい職場だと感じるかもしれません。

消化器外科では状況に応じて臨機応変な対応が求められるので、ある程度の能力がないと採用してもらうことは難しいと言えるでしょう。また、看護師業務に加えてリハビリのサポートがあるため、通常の看護師として必要な知識に加え、リハビリに理解がある人に向いている職場です。